海洋観測装置

水質自動監視装置 TSK 鶴見精機

製品案内

サポート情報

XCTDをお使いの場合、800m以深のデータが得られない症状について

XCTDをお使いの際、海況、船内ノイズ等によってまれに800m以深のデータが計測できなくなる場合があることが判明いたしました。そこで当社としては、XCTDをお使いの全ての方を対象に対策を行うべく、御案内申し上げる次第です。

対象機器: XCTDコンバータMK-100、あるいはXBT/XCTDデジタルコンバータMK-130

対策作業は、コンバータを当社にお送りいただいた方には無償で対策後返送いたしますので、御手数ですが弊社宛にコンバータをお送りいただきたくお願いいたします。
また当社内での作業の都合上、御返送時期については以下コンバータ対応御記入用紙をファックスにて弊社宛てにお送りいただいたうえで御相談とさせていただきたく、お願いいたします。

コンバータ対応御記入用紙 御記入用紙を開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
御記入用紙お送り先のファックス番号:045-521-1717(横浜本社)

弊社へのコンバータ類御送付については、弊社からの御送付日程について回答後とさせていただきたく、お願いいたします。

作業のために弊社宛に御送付いただく機器: お使いのコンバータおよび、コンバータ用パソコン

機器御送付先

横浜市鶴見区鶴見中央二丁目2番20号
株式会社鶴見精機 本社工場 生産部 鈴木 亮
電話:045-521-5252
FAX:045-521-1717

対策作業の所要期間は、弊社にコンバータをお預かりしてから約二週間程度の予定ですが、作業台数が一時期に集中した場合などにより長期間必要になる場合もありますので、御了承いただきたくお願いいたします。

本件については、本ページでのご案内以外に郵送にてご案内をお送りしている場合があります。本件についてお問い合せの際には、お問い合せが重複していないかあらかじめ御確認いただきたく、お願いいたします。

本件についてのお問い合せ先: 株式会社鶴見精機 生産部 鈴木 亮
電話:045-521-5252 ファックス:045-521-1717

製品情報トップへ戻る

Page Top

私たちは、海洋観測装置やダム・河川の水質計など、
多様なシステムの製造 ・販売をしています。