海洋観測装置

水質自動監視装置 TSK 鶴見精機

製品案内

製品案内

海洋観測装置

可搬式XBT/XCTD観測装置 MK-150P

XBT/XCTD観測をもっと自由に

 

 パソコン不要

  • デジタルコンバータMK 150 に LCD、 操作キー、GPS、メモリカード、無線LAN、4G モデム(オプション)、 バッテリを内蔵しました。これ 1 台で観測が可能です。

 (写真はオプションのハンドランチャ固定金具を使用)

簡単操作
  • メインメニューで「計測」を選びプローブ種別を選択したら画面の指示にしたがってプローブをセットし投下するだけ。
  • 判りやすい操作を目指しました。

 

項目 仕様
 対応プローブ 

 XCTD(-1、-2、-3、-4)    ※2020年度切り替え予定の-Nにも対応
 XBT(T-5、T-6、T-7、T-10)

電源  単3形エネループ(またはアルカリ乾電池) 8本
作動時間  4時間以上(1時間当たりXCTD-4を2本として8本以上投下可能)
データ保存

 内蔵メモリカード
 (MicroUSBケーブルでパソコンと接続しリード/ライト可能)

データ通信  無線LAN(11b/g/n)経由でメール送信
 オプションでLTE(NTT Docomo回線)経由でメール通信可能
メール送信  計測後に1m間隔データを手動送信、SMTP認証(暗号化非対応)
本体寸法  300(W)×230(D)×85(H) mm
ケース  ポリカーボネート製、防滴構造


 

製品情報トップへ戻る

Page Top

私たちは、海洋観測装置やダム・河川の水質計など、
多様なシステムの製造 ・販売をしています。