海洋観測装置

水質自動監視装置 TSK 鶴見精機

製品案内

製品案内

海洋観測装置

深海用プロファイリングフロート Deep NINJA

PDFカタログダウンロード

Deep NINJAは、浮力を制御する事によって海中を沈降、漂流および浮上すると共に、浮上中に水温・塩分・圧力プロファイル観測を行い、海面で位置の特定およびデータ通信を行う事が出来る装置です。水深4000mまでの観測を行う事が出来ます。

浮力の制御は、内蔵の浮力エンジンによって行われます。作動を開始した後は、あらかじめ設定された内容に基づいて自動的に動作します。
リチウム電池を内蔵しており、沈降および浮上をはじめとする一連の動作を、繰り返し行う事が出来ます。
衛星測位装置および衛星通信装置を内蔵しており、海面に浮上した際に、自身の位置をGPSにより特定すると共に、イリジウム通信を介して陸上とデータの送受信を行う事が出来ます。
観測深度や観測間隔などの設定を、作動開始前に設定する事が出来ます。また、作動開始後に衛星通信を介して変更する事も出来ます。

 

最大観測深度   4000m 
主筐体素材   アルミニウム合金 
全長   約210cm(アンテナ含む) 
最大径   約25cm 
重量   約50kg(空中) 
測位   GPS 
通信   イリジウムショートバーストデータ ※ 
バッテリ   リチウム一次電池 
搭載センサ   CTD(SBE41CP 7000m用) 

 

※イリジウムショートバーストデータの御利用には、データ通信サービスの御契約および御利用料金が必要です。

パラメータ設定により、様々な観測パターンを設定する事が出来ます。
作動パターンは、観測を開始した後に陸上から変更する事も可能です。

 

深海用プロファイリングフロートDeep NINJAは、独立行政法人海洋研究開発機構 実用化展開促進プログラム(戦略的連携タイプ)に基づき、独立行政法人海洋研究開発機構殿と共同開発した製品です。

製品情報トップへ戻る

Page Top

私たちは、海洋観測装置やダム・河川の水質計など、
多様なシステムの製造 ・販売をしています。