海洋観測装置

水質自動監視装置 TSK 鶴見精機

製品案内

技術情報

電磁誘導伝送方式

電磁誘導伝送方式

長期設置型計測器のデータ伝送方式として、1981年に当社が独自に実用化に成功した技術です。陸奥湾の海況自動観測ブイシステムに1983年にご採用いただいて以来、今日まで多くの海況モニタリングシステムなどで実績を挙げています。

一般に水中機器の信号を伝送する際には、センサとケーブルをコネクタ接続する方式が採用されています。しかしコネクタ接続する方式では、ケーブルやコネク タに起因したトラブルなどが多く発生していました。電磁誘導伝送方式では、ケーブルとセンサ間は電気的に非接触の状態で信号伝送が行えるため、ケーブルや コネクタによるトラブルが発生しにくく、データの取得率が飛躍的に向上しました。

特長

  • ケーブルと計測器が電気的に非接触の状態で信号伝送が行えるため、
    水中コネクタ等による接続が不要です。
  • 一本の伝送ケーブルに複数の計測器を取り付ける事ができ、
    取り付け位置も自由に変更する事が出来ます。
  • 信号伝送用ケーブルと装置の係留用索を一本のケーブルで共用する事も可能です。

技術情報トップへ戻る

Page Top

私たちは、海洋観測装置やダム・河川の水質計など、
多様なシステムの製造 ・販売をしています。